来る者には平和を、去る者には無事を。

今年の上半期に放送されたNHK連続テレビ小説「どんど晴れ」にて、紹介されたという
ローテンブルグのシュピタール門の名言。

「来る者には平和を、去る者には無事を」

c0133780_2383413.jpg

城壁に囲まれたローテンブルグには5ヶ所の門があり、そこが町の出入り口になっています。
今でこそ自由に町中に出入りできますが、中世の頃は監視がいて、
人々の出入りが厳しく制限されていました。
この門に彫られている言葉は、表向きはそういう意味なんだけども、
本意はその逆の言葉をそれぞれ入れて、
「来る者とは戦争を、去る者には不運を」
なんだそうです。
残酷な公開処刑や魔女狩りのあった中世の時代なら、ありえない話ではないですね。

とはいえ、今は現代、
私達は旅行者の皆さんの平和を無事を祈っています。

c0133780_2323239.jpg



スタッフ@ユーカ

にほんブログ村 酒ブログ ワインへにほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ

[PR]
by ekukoswine | 2007-10-18 23:24 | ローテンブルグ
<< 売り切れ間近です・・・ Made in GERMANY... >>